2018.12.9(日)第3回交流会のお知らせ

2016年7月、2017年11月と2回の交流会を開催。
この度 第3回交流会を企画しました。
第1報として日時と場所をお知らせします。

【テーマ:幼少期に治療を経験した患児の告知について】
 小児の中でも幼少期に小児がんの治療を経験し、ある程度年齢を経過してから病気・治療の説明(告知)を受けた経験者のお話を伺います。20代の社会人と学生の方 お二人のお話を予定。親の立場からの経験談や交流も検討中です。小児期の告知は病気の理解だけではなく、治療後の経過観察や長期フォローアップ外来を自発的に受診して自立していくために重要なことですが、どのように伝えるか、考え悩むことも多いと思います。たくさんの皆さまのご参加をお待ちしています。

開催日:2018年12月9日(日)10:30〜12:00(受付開始 10:00)
会場:慶應義塾大学病院3号館(北館)1階ラウンジ
   ★開始時間までに会場にお入りください。2017年11月と同じ場所です。
参加費:無料

★保育はありません。
★患者さんご本人が参加される場合は、病気について告知を受けている・理解ができている等、保護者様がご判断の上 ご参加くださるようお願いいたします。


20181209第3回交流会お知らせVer1-1.jpg