Web講演会 開催報告

2回目の緊急事態宣言発令中に企画および事前収録を行い、2021年3月7日より約2週間YouTube限定公開で配信しました。
小児がん経験者のご家族が申し込みくださり、申し込みくださったご家族、慶應義塾大学病院の医療従事者にオンデマンド配信をご案内しました。

今回のテーマは「病気をもつ子どもの暮らし 病気の子どもの[きょうだい]の気持ち」です。
長年 病気をもつ子どものきょうだいさん達を支援してきた NPOしぶたね理事長 清田悠代様に「大好きな気持ちが迷子にならないように」をお話いただきました。

NPO法人しぶたね清田さんの穏やかで優しい語り口のお話、質問コーナーではNPO法人しぶたね しぶレッドさんもご参加いただき、きょうだいさんへのあたたかなお気持ちがこもったアドバイスもたくさんいただきました。

視聴された方から「病気の子どもに限ったことでなく、全ての子どもに必要な対応だと思いました。清田さんのブレない子ども観と、優しく穏やかな発想に感銘を受けました。」「つい、きょうだい児のことは後回しになり、我慢させることも多く、自己嫌悪に陥りがちです。あたたかいお話に気持ちがほっこりして、元気になりました。」など たくさんの感想をお寄せいただきました。

参加してくださる皆さまに少しでも「参加して良かった」と思っていただける会になるように、いただいた貴重なご意見を今後に活かしていきたいと思います。新型コロナ感染症が収束するまではWebも使い交流の場を企画していきたいと思います。

ご講演いただきましたNPOしぶたね理事長 清田様、しぶレッド様、さくらの会にご協力くださっている皆さま、Web講演会視聴くださった皆さま、本当にありがとうございました。